光ファイバーは何から出来ている?

今やすっかり普及した光ファイバーのインターネット回線ですが、その光ファイバーは主にプラスチックかガラスでできています。
プラスチックの光ファイバーは、扱い易く安価である一方性能は劣り、ガラスのものは耐久性で劣るが長距離の高速伝送が可能になります。
もちろんプラスチックやガラスと一口にいっても種類が多くあり、それぞれ更に細かく分類することが可能です。
光ファイバーに使われるプラスチックには、フッ素化ポリマー、ポリメタクリル酸メチル、ポリカーボネート、ポリスチレン、含重水素化ポリマーなどがあります。
ガラスだと製造法で分けられ、MCVD法(ModifiedChemicalVaporDepositionMethod)、OVD法(OutsideVaporDepositionMethod)、VAD法(VaporphaseAxialDepositionMethod)、線引きなどが挙げられます。
それぞれ特徴があり、興味深いです。
光ファイバーとADSLの違いって?安さと速さ【メリットとデメリット】